28.リカ、ダウン!~その病の名こそ、不毛ワールド?2

【HJMG!不毛さん83】
28.リカ、ダウン!~その病の名こそ、不毛ワールド?2
      【はじめましての方はこちらへどうぞ】
      【前回のお話はコチラ



 スゴスゴと家に帰ると、お姉とワンちゃんが待っていた。お茶飲みながら桃太郎と談笑している。この変な光景に、いつの間にかアタシは見慣れてしまったようだ。

「リリリカさん、おかえりなさい」

「じい殿の所へ行っておったか?」

 ワンちゃんと桃太郎がアタシにお茶を淹れてくれる。

「うん。何か放っとかれへん、あの子。アタシ、お母さんみたいな気持ちになってしまうねん」

 そう言うと、お姉は肩をすくめた。

「気持ちは分からなくもないけど、あの子25歳よ」

「うそっ!? お姉より年上やん。保護するような年齢違(ちゃ)うやん」

「そんなことよりリカ、この間の写真よ。ホラ」

 手渡された数枚の写真。これはサイクリングの時のものだ。曲乗りの様子が生き生きと映し出されている。お姉がデジカメでパシャパシャ撮ってたアレやな。

 やっぱり紙媒体はいいわ。手にした時、何か感慨があるもん。

「あああたしがプリントアウトしたんですぅ」ワンちゃんが誇らしげに付け加える。

「あ、ありがとう。ウッ!」

 肩と足に痛みが蘇った。そう、正にこの直後や。あの事故が起きたのは。写真の中のアタシの目一杯の笑顔が、余計にいたたまれない感を出している。

 あれから僅か2日か──色んなことがあったなぁ。しみじみと思い返すたびに、肩抜けた痛みが蘇る。会話が途切れた時に気付いた。久々にアパートは静かだ。時折お茶をすする音がするだけの、ゆったりとした時間が流れている。

 うらしまは会社やし、オキナは出かけてる。かぐやちゃんはかぐやハウスで寝ているし、花阪Gはあの調子や。それから麻雀の勘定をめぐってかぐやちゃんと取っ組み合いの大喧嘩をしたあげく、キレて出家して、今は寝込んでるカメさん。

「どうして亀山はわたしの部屋で寝込むのかしら。自分の家に帰ればいいのに」

 冷たい言い方やけど、それはお姉の言う通りや。奥ゆかしい乙女を装っていても、根っこの所はやっぱりマフィアだったんやな。強引極まりないもん、あの人も。

「リカ、どうしたの? あなた、顔色悪いわよ?」

「え?」反射的な動きで頬に手を当てる。ちょっと熱い? 心労がたたって熱が出たとか?「ハックシュン! ハッ……クシューン!」

 大きなクシャミが立て続けに出た。

「大事ないか、リカ殿?」

 桃太郎がティッシュを取ってくれる。

「やだ、風邪? 伝染さないでよ」

「あああたしだって、もうすぐテストなんですからね」

 女2人は自分の顔の前を手で仰いだ。菌を払う仕草だ。……こういうところで人間の本性って分かるなぁ。

 数時間後、アタシは大熱出して寝込んでしまった。

             【つづく】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 

「HJMG!不毛さん」とは…こんなお話はコチラ

HJMG!不毛さん サイトマップはコチラ


HJMG!不毛さん第1話はコチラ 


良かったらマンガもみてね。こっちもアホだよ。
          ↓ ↓ ↓
【はじめましての方はこちらへどうぞ】